HOME > 令和2年度の抱負

令和2年度の抱負

渡邊睦教授

Professor Watanabe

平成12(2000)年4月に学生4名と渡邊研究室を立ち上げて以来,21年が経過しました. 現在は,鹿嶋雅之准教授,福元伸也助教と一緒に,50名を超える大グループ を運営しています. 2015年4月から2019年3月まで工学部長・工学系長, 2019年4月からは副学長と,非常に多忙な日々を過ごしていますが, 引き続き,コンピュ−タビジョン・ロボットビジョン・パターン認識・人工知能などに関する研究を遂行し,様々な機会を設けて発表していきたいと思っていますので, ご支援を宜しくお願いします.

我々の研究室では,物理空間,情報空間,人間の認知空間のシ−ムレスな結合を志向した," 親和的情報空間の構築 "を長期目標に置いて研究開発を行っています. 

科学研究費として,平成13〜14年度科学研究費補助金基盤研究C: 「並列分散画像認識による親和的情報空間の構築」 ,平成15〜17年度: 「分散視覚認識エージェントの統合に基づく親和的情報空間の展開」 ,平成18〜20年度: 「居住空間内物体・人物統合認識に基づく親和的情報空間の高度化」 ,平成21〜23年度: 「簡易型空中映像撮影システムによる広域状況把握」, 平成24〜26年度: 「瞳孔・瞬目度・顔温度・挙動統合認識に基づく人物内部状態自動認識システムの研究開発基盤研究」 を実施しました.今(令和2)年度から新たに,「胸部動き、表情、挙動、顔温度の統合的解析に基づく睡眠状態モニタリングに関する研究」を開始しました.また数多くの共同研究を遂行中です.昨 (2019) 年度は,

·  深層学習を用いた水槽中の遊泳魚の識別

·  深層学習に基づく映像要約文生成の為のシーン自動分割

·  養鶏衛生管理システムの為の斃死鶏回収ロボット

·  複数移動用ロボットの協調による物体の把持運搬

·  クローラビジョンによる環境認識

·  飛行ドローンによる稲生育モニタリング

などの研究を行い, ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMECH2019), 第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2019), 第37回日本ロボット学会学術講演会, 等での発表を行いました. 研究講演会や他大学・企業との交流も活発に行っています. 鹿児島近辺にお出かけの際は,是非お立ち寄りください.